2018/05/14

【ステップ2】ネットで爆発的に収益を増やす手法、プロダクト・ローンチの“目標を達成できない原因や敵”について解説

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

んにちは、ユタカです。

20,000円以上の高額商品でもお客さんが買ってくれて、売り上げを爆発的に伸ばすことができる手法、プロダクト・ローンチの第2ステップを紹介します。

ローンチの第2ステップは「目標を達成できない原因や敵」です。

さっそく内容を見ていきましょう!

 

「目標を達成できない原因や敵」ってなに??

ここではお客さんの解決しない悩みの原因や、障害となっている物が該当します

 

もちろん前提として、あなたの商品が、その原因や障害を解決できる必要があります。

 

例えば、30代男性の会社員がお客さんで、「腹筋を6個に割れない」という悩みがあると、仮定します。

そして、その悩みの原因は、体脂肪を下げることができないからだ、という事が分かりました。

ちょうどその時、あなたはアフィリエイトのダイエットサプリの案件を持っており、そのサプリに「体脂肪を下げる効果」があったとしましょう。

そうすると、今回は「あなたが腹筋を6個に割れないのは、体脂肪を下げることができないから」という内容を伝える記事を用意すると、とても効果的です。

 

このように商品の持つ特徴と、お客さんの悩みが上手くマッチする部分を関係づけて伝えるのが、“目標を達成できない原因や敵”について説明するときには重要となります。

 

 

考えることは多いですが、この部分をどれくらい真剣に考えるかによって、あなたの商品が売れる、売れないが決定します。

 

あなた自身のためにも、真剣に考えてみてください。

 

じゃあ、具体的にどう作ればいいの??

「目標を達成できない原因や敵」について、実際に私が作ったものを見ながら解説していきます。

今回の目標も、低学歴の就活生に「学歴に関係なく、大手企業に内定するテクニック」をまとめたものをレポートにして、19,500円で売ることです。

“目標を達成できない原因や敵”は、他のローンチを構成する要素と同様に、1通のメールと、1個のブログ記事から成立します。

具体的なものはどうなるのか、確認していきましょう。

 

“目標を達成できない原因や敵”のサンプルメール

【ユタカ通信】98%の低学歴な就活生が内定できない、たった1つの原因

○○さん

おはようございます、ユタカです。

ズバリ…
内定をもらう人と、もらえない人はどこが違うのでしょうか

じつは、調査によると「大手企業」に受かった社会人の67%が…

・Fラン出身
・バイト、サークル経験ほぼ無し
・人と話すのが苦手

これに当てはまるという結果が得られました。

実際に私がコンサルさせてもらった学生の多くが

・コミュニケーションが苦手
・アピールできる点が皆無
・Fラン私大

だったので私は疑問に思っていたのです。

「底辺就活生でも、簡単に大手へ受かる…?」

そして、実際に社会人にアンケートをとったところ

高学歴
リーダーの経験
ボランティア経験

こういった「ハイスペックな経歴」は内定に関係なかったのです。

そこで私は「底辺就活生がどうして、大手企業に受かったのか」
その原因を多くの時間をかけて内定者にアンケート調査しました。

そして、ついに見つけたのです。

内定を取るために必要だったのはたったひとつの『シンプルな答え』だったのです。

○○さんも、その原因を知れば、意外と簡単に大手や第一希望の企業から内定をとることが可能になるでしょう。

その「原因」をいますぐに知って就活を『完全イージーモード』でプレイしてみましょう。

↓↓↓98%の底辺受験生が内定をとれないたった1つの原因↓↓↓

https://goo.gl/mxOlmy

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

さぁ、次は○○さんが内定を取る番です!

ユタカ

 

“目標を達成できない原因や敵”のサンプル記事

内容は以下のボタンから見ることができます。

記事タイトルは「就活本も学校でも教えてくれない、あなたが大手から内定を取るために必要な「就活の真実」とは 」となりますので、確認してください。

 

 

↑ユタカの書いた就活生向けの“目標を達成できない原因や敵”の記事を確認できます↑

ここからは、“目標を達成できない原因や敵”の記事をより良くするために、3つのアドバイスをお伝えします。

 

アドバイス1:結論を言わずに、引っ張る

原因と敵を明らかにする前に、お客さんの欲しい未来や、避けたい未来を言って、しっかりイメージしてもらってください。

私の記事でも、スタートから40%くらい読んで初めて原因である「採用基準を教えてもらってないから」を発表しています。

これには、大きな理由があります。

 

例えば、名探偵コナンに出てくる犯人が最初の1分で「私が犯人だ」とか言い出したら、残りの29分どうするんだよ、楽しくないって感じがしませんか。

今回に限っては、お客さんを悩ませている犯人の正体を言うのを後回しにします。

その代わりに、犯人が分かって問題が解決できた時の楽しい未来の話や、犯人が分からなくて悲しくなるかもしれない未来の話をして、イメージを膨らませてあげましょう。

そして、期待が高まったところで「原因と敵」を教えてあげるのです。

大体の場合、原因と敵は大したことがないので、これくらいやってあげないと、お客さんは「なんだ、そんなことか・・・」ってガッカリしてしまいます。

エンターテイナーになったつもりで、盛り上げてあげましょう!

 

アドバイス2:仮想の敵を作って、悪口を言う

お客さんと共通の敵を作って、その敵の悪口を言いましょう。

私の場合は、原因が「採用基準を教えてもらってないから」ですが、

その場合の敵は「それを教えてくれない学校の授業や先生、周りの環境」にしています。

こうすることで、「私とお客さんで、その敵を倒していこうね!」という一体感が生まれるので、お客さんがファンになってくれます。

 

しかし、注意することが一つあります。

このときに絶対にしてはいけないのが「あなたが努力をサボっているから」と、現実を突きつけてしまう事です。

そんなことを言うと、あなたは「攻撃してくる怖い人」だと思われてしまい、お客さんはそのページから離れてしまいます・・・。

商品を売りたいのであれば、ここはグッと我慢して、大人な対応で優しく接しなければなりません。

お客さんのハートは、ガラスなんかよりもずっと繊細で壊れやすいものだと思ってください。

 

アドバイス3:私はあなたの味方だよ、と言いきる

お客さんのその悩みを解決するためにサポートするよ、一緒にその敵をやっつけて乗り越えていこうね、と味方アピールをしてください。

あいまいな表現ではなく、「あなたの味方です!」と言い切りましょう。

そうすれば、あなたはお客さんにとってのアンパンマンとなり、悪いバイキンマンを倒すべく、一緒に頑張っていく「仲間」になることができます。

これは、ファンを作る上でとても大事なテクニックなので、必ず覚えておいてください。

もちろん、ローンチだけではなくブログやツイッターでの情報発信の際にも使うことができる、優れたテクニックです。

 

ローンチの“目標を達成できない原因や敵”に関するまとめ

“目標を達成できない原因や敵”では、お客さんが持つ悩みの原因を伝える事が大事だと説明しました。

そして、前提として、あなたの商品が、その原因や障害を解決できる必要があることに注意してください。

 

例えば、30代の男性会社員がお客さんで、「腹筋を6個に割れない」という悩みがあるとします。

その悩みの原因は、体脂肪を下げることができないからだ、という事が分かりました。

そして、あなたはアフィリエイトのダイエットサプリの案件を持っており、そのダイエットサプリは「体脂肪を下げる効果」があったとしましょう。

そうすると、ローンチの2ステップ目である“目標を達成できない原因や敵”では、
「あなたが腹筋を6個に割れないのは、体脂肪を下げることができていないからだ」
という記事を書くのが正しいです。

 

メールと記事のサンプルを参考に、“目標を達成できない原因や敵”はどのように書くべきか、ということも解説しました。

 

そして、次の3つのアドバイスを使うと、より良い記事を作ることができます。

 

アドバイス1:結論を言わずに、引っ張る

アドバイス2:仮想の敵を作って、悪口を言う

アドバイス3:私はあなたの味方だよ、と言いきる

 

このポイントを押さえて作成すると、“目標を達成できない原因や敵”の効果は十分に高くなり、お客さんはあなたのファンとなります。

そうすればメールや記事もしっかりと呼んでくれるようになり、高額な商品を紹介しても、あなたの事を信用して買ってくれます。

 

今回は、ローンチの第2ステップである“目標を達成できない原因や敵”について紹介しました。

それでは、次のステップに進んでください。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© パッショネール , 2018 All Rights Reserved.