2018/05/14

【ステップ7】ネットで爆発的に収益を増やす手法、プロダクト・ローンチの“オファー、リスク削除”について解説

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

んにちは、ユタカです。

 

素人の会社員が作るたった150ページのレポートが19,500円で売れた強力なテクニック、プロダクトローンチの第7ステップ目です。

 

第7ステップ目は“商品のオファーとリスクの排除”です!

 

“商品のオファーとリスクの排除”って、なに?

商品のオファーとリスク排除は、次のようになります。

 

<商品のオファー>
購入する条件と販売時期の紹介です。まだ、値段は言っちゃダメ!

 

<リスクの排除>
お客さんにとってのリスクの排除です。
お人情報の取り扱いや、返金保証などについてです。

 

それでは、この2点を用意する目的について解説します。

 

「商品のオファー」の目的ってなんなの??

商品の内容や、どんな効果があるのかについて説明することで、お客さんに期待感を持ってもらう事が目的です。

ここでお客さんがワクワクしてくれたり、大きなメリットを感じてくれると、より申し込んでくれる確率=成約率がアップします。

しかし、値段は言ってはなりません!

値段はこのオファーで伝えるのではなく、実際に商品を申し込むページに書くからです。

オファーではあくまで「いつ販売するのか」を伝えるだけで、値段や申し込みは内緒にしておきましょう。

その方がお客さんのドキドキ感が増えて、待ちきれなくて、結果として申込数が増える研究データが出ています。

相手にバレているサプライズほど、楽しくないものはないですよね。

それと同じだと思って、ここはグッと我慢しましょう!

 

「リスクの排除」の目的は、なに?

リスク=お客さんが申し込みにくい原因を失くしてあげることで、申し込みやすくするのが目的です。

お客さんが考える一般的なリスクとしては、代表的なものとして以下の6種類があります。

 

・自分の悩み(痩せたい、稼ぎたい、など)が知り合いにバレないか
・個人情報が悪用されないか
・購入した後にサポートはあるか(自分の力でできるか不安)
・家族にバレないか
・本当に購入した金額分の価値があるのか
・“買う”という事に対して、なんとなく怖い

 

それぞれに対する対処法を、次のように用意しておくことで、お客さんの感じるリスクが少なくなります。

 

①自分の悩み(痩せたい、稼ぎたい、など)が知り合いにバレないか

「私とあなただけの秘密にします」と、しっかりと明言してあげてください。

悩みがバレると恥ずかしい、と感じるお客さんはたくさんいます。

このポイントを忘れがちなので、必ず押さえておきましょう

 

②個人情報が悪用されないか

「変なサービスに登録されないかなあ」
「知らない会社から電話かかってこないかなあ」
「家にハガキとか送ってこないよね」
「営業メールとかやめて欲しいんですが・・・」

 

ネット上で申し込むと、こういった不安が付きまとうものです。

インターネットを使い慣れていない初心者の人には、特に強い不安でしょう。

商品を売る側からすると「大丈夫、当たり前じゃないか」と思う事でも、しっかりと明記する必要があります。

また、ネットに慣れている人に対しても、わざわざ書いて見せることで「あ、しっかりした対応をしてくれるんだな」と安心してくれる材料になります。

 

③購入した後にサポートはあるか(自分の力でできるか不安)

もし商品にサポートがあるなら、その内容を細かく教えてあげましょう。

アフターフォローがあると、お客さんからすればとても心強く感じます。

また、サポートがある=販売元がしっかりしている、と感じるお客さんは多いので信頼感も増します。

 

④家族にバレないか

お客さんが家族にバレることを不安に思うポイントは、以下の2点です。

 

・購入後、自宅に変なものが届いて家族に心配されないか

・クレジットカードの明細記録から、ネットで購入したことがバレないか

 

なので、次のことをしっかりと明記しておきましょう。

 

・購入後、ご自宅に郵便物は一切、送りません

・支払い方法はカード以外も選べます

 

もちろん、住所を聞かない場合の申し込みであれば前者は不要ですし、後者でも支払い方法が一つしかない場合は無理に用意する必要はありません。

しかし、もしすでに用意できるのであれば、記載しておくと申し込みが増えます。

 

⑤本当に購入した金額分の価値があるのか

可能であれば「返金保証」を付けておくことをおすすめします。

過去のデータでは、1週間のお試し期間を用意することで、一時的な申し込みが3倍以上になったことも有ります。

その後、何人かの返金がありましたが、申込全体の5%以下であり、結果として大きな収益アップとなりました。

特に、商品を売って終わりではなく、サービスを売る場合は効果的です。

サービスを受け始めた後に「すいません、やっぱり返金してほしいのですが」とは、人間的に言いづらいですからね。

むしろサービスそのものに愛着がわいて、返金そのものを考えなくなることも有ります。

「返金保証」には、すさまじく強力なリスクの排除効果があります。

 

⑥“買う”という事に対して、なんとなく怖い

・限定○○個
・先着◆◆名限定
・あと3日で、申込できなくなります
・2度と再販しません

 

最後はこういった「限定性」を持たせることで、お客さんの背中を押してあげましょう。

買う準備はできてるんだけど、踏ん切りがつかないお客さんというのは一定数存在します。

お客さんは「この商品を買えば悩みが解決するんだけど、うーん・・・」と、理由もなく悩んでいるタイプです。

なので、申し込むキッカケを作ってあげるという事ですね。

 

“商品のオファーとリスクの排除”のサンプル

それでは、“商品のオファーとリスクの排除”をする時に、私が実際に送っているメッセージを紹介します。

私の場合は、1通メールと1個の記事を使っています。

記事のリンクがメールの中に書かれており、それをクリックしてもらう事で記事を読んでもらいます。

 

“商品のオファーとリスクの排除”するときのサンプルメール

<タイトル>
【ユタカ通信】内定を取って、周りに安心してもらえる最高の未来を手に入れましょう!

 

<メール内容>

○○さん

こんばんは、ユタカです。

もし、内定をもらえなかったら○○さんは、就職浪人という道しかありません。

周りがみんな社会人になるのに○○さんだけが、もう一年、辛い就活を続けなければいけません

もしくは、アルバイトしながら何とか生きていくフリーター…。

後輩たちには「うわぁー、あの人就職できなかったんだ…」と冷たい目線を向けられ、見ないふりをされて避けられてしまうでしょう。

中には「あいつはニートだ」そんな、ひどい言葉をかけてくる人がいるかもしれません。

でも、○○さんは大丈夫です!

そんな辛い就活は、今日で終わりにできます。

なぜなら、今回のプログラムは私だけではなく、多くの大手内定者の力をかりて作り上げた最高の方法です。

不安とプレッシャーに押しつぶされそうな内定がない日々から抜け出して、○○さんは、行きたかった志望企業に内定を決め、楽しくてしょうがない最後の学生生活1年間を味わい尽くすことができます!

さあ、一緒に内定を取りましょう!

↓↓↓ブログ【特別プロジェクトの公開!】へ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://goo.gl/jzxjgY

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

さぁ、次は○○さんが内定を取る番です!

 

“商品のオファーとリスクの排除”するときのサンプル記事

<記事タイトル>
「本気で大手から内定がほしいけど、 落とされるのはイヤだ!」そんな、あなたの思いをかなえる最強のプログラム

 

<記事の本文>ボタンを押すと別のタブで開きます。

 

“商品のオファーとリスクの排除”についての、まとめ

そもそも「商品のオファーとリスクの排除」とは・・・

 

<商品のオファー>
購入する条件と販売時期の紹介です。値段は言っちゃダメ!

 

<リスクの排除>
お客さんにとってのリスクの排除です。
お人情報の取り扱いや、返金保証などについてです。

 

「商品のオファー」の目的

商品の内容や、どんな効果があるのかについて説明することで、お客さんに期待感を持ってもらう事が目的。

しかし、値段の話はここでは、絶対に言わない事!

 

「リスクの排除」の目的

リスク=お客さんが申し込みにくい原因を失くしてあげることで、申し込みやすくするのが目的です。

お客さんが考える一般的なリスクとしては、代表的なものとして以下の6種類。

 

・自分の悩み(痩せたい、稼ぎたい、など)が知り合いにバレないか
・個人情報が悪用されないか
・購入した後にサポートはあるか(自分の力でできるか不安)
・家族にバレないか
・本当に購入した金額分の価値があるのか
・“買う”という事に対して、なんとなく怖い

 

以上が、プロダクトローンチの第7ステップ目、“商品のオファーとリスクの排除”でした!

では、次はいよいよ、商品の販売となります。

プロダクトローンチの最後を飾る「セールス・レター」について解説を見ていきましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© パッショネール , 2018 All Rights Reserved.