書きたいネタが他の人と同じでどうしようって時に使える3つの解決策

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

んにちは、プロブロガーのユタカです。

書きたいネタがあるんだけど、ライバルのブログで説明されてるから書いても意味がないのかな・・・。

 

なんて、困ってませんか。

スゴイ伝えたいことがあっても内容が一緒だと、書いていいのか悩みますよね。

じつは『ライバルと同じ内容の記事を書いても、まったく問題ない』んです。

 

その理由とライバルよりもいい記事を書く3つの方法をお伝えします。

 

ライバルと同じ記事を書いても問題がない、その理由とは

『基本的で大切なこと』は、ちゃんと教えてあげる方が親切だからです。

どういうことか、説明していきまsね。

 

たとえば、算数の教科書を思い浮かべてください。

その教科書には『足し算の考え方』が必ず書いていたと思うんです。

でも、足し算の考え方って他の教科書にも、当たり前のように紹介されていませんか。

これはどの教科書も言わないといけないくらい“基本的で大切なこと”だからです。

 

あなたが書きたい内容がライバルブログに書かれていても、それが大切な事なら別に問題はないんです。

そんな大切で当たり前のことが書かれてないブログは、不親切だと読者に思われるかもしれません。

 

内容が同じだとしても、それが重要な事なら書いてあげましょう。

かならず読者は喜んでくれます。

 

では、ここからはその記事がライバルにも負けないようにするために必要な3つの方法についてお伝えします。

 

ライバルブログに勝つ方法①:あなた独自の経験談を書く

あなたが経験したことを書けば、ライバルよりも優れた記事にできます。

 

たとえば、あなたがオーストラリア旅行についての記事を書くとしましょう。

それなら旅行を通して感動したことや、失敗したことを伝えることで、ライバルには書けない、オリジナルの記事となります。

 

あなたならではの経験は、ライバルに打ち勝つ最強のコンテンツです。

 

ライバルブログに勝つ方法②:読者が悩むことを、前もって解決してあげる

「ここは私も苦労したし、読者も困るだろうなあ」という部分について、先に対策を用意してあげましょう。

 

経験したことのあるあなたにしか書けない記事になります。

問題が起きる可能性を教えてもらえるだけではなく、解決策まで書かれた記事なら、読者はくり返し読んでくれるでしょう。

 

悩むことを前もって解決してあげると、アクセスアップにもつながり、読者にも感謝される有益な記事を作り上げることができます。

 

ライバルブログに勝つ方法③:お役立ち情報を思いつく限りすべて書く

「これは伝えておきたい!」と思える有益な情報を、全て教えてあげましょう。

 

親友や家族に伝えるつもりで、感謝されるくらい全力で情報を書いてください。

お役立ち情報やお得な情報が多いほど、他のライバルよりも優秀な記事だと判断されるようになります。

 

とくに、実体験を通しておすすめできる情報を書けば、ライバルは絶対に真似できないので、あなたの記事が検索で一位に表示される可能性もあります。

 

まとめ:ライバルと同じ内容の記事を書いても大丈夫な理由と、ライバルに勝てる3つの方法

書きたい記事がすでにライバルブログで書かれているときの対策方法をお知らせしました。

 

内容がかぶってしまうくらい『基本的で大切なこと』なら、記事を書いてもまったく問題ありません。

 

算数のすべての教科書に『足し算の方法』が書かれてるのと同じです。

むしろ記事を書いておかないと不親切だと思われるかもしれません。

なので気にせずに書きましょう

 

同じ内容になるときにライバルと差を付けたいなら、おすすめな3つの方法があります。

 

①あなた独自の経験談を書く

②読者が悩むことを、前もって解決してあげる

③お役立ち情報を思いつく限りすべて書く

 

この3つの方法を守れば、ライバルに負けないような優れた記事を書けるようになります。

さっそく記事を書いてみましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© パッショネール , 2018 All Rights Reserved.