2018/04/21

パッとした記事を書けない人にありがちな3つの特徴と、その対処法

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

んにちは、ユタカです。

今回は『ブログ初心者』の人に向けて記事を用意しました。

よく見かける質問で「パッとした記事が書けないんですけど・・・」というものがあります。

そういった人達のブログを読むと、ビックリするくらい、マジでパッとしていないんです。

本人も自覚があるだけに、始末が悪い・・・。

 

「まさに!今それがふらついていてブログが書けないですww」

 

でもそれは、パッとしない原因を知らないだけなので、ご安心ください。

原因さえわかれば、それを改善する方法を実行すると、自然と記事は良くなります。

今回は、パッとした記事が書けない原因3つと、そのその対処法をご紹介しましょう。

それでは、さっそく始めていきます。

 

あなたの記事がパッとしない3つの原因

パッとした記事が書けない原因は、一つだけではありません。

全部で3つあります。

その原因は次の通り。

 

①どんな相手に記事を書いているのか、決まっていない

②どんな価値を読者に渡したいのかが不明

③文章に自信のなさが出てしまっている

 

この3つを解決すれば、初心者でもパッとした記事をかけるようになります。

では、それぞれについて解説しましょう。

 

①どんな相手に記事を書いているのか、決まっていない

このポイントが曖昧だとパッとした記事にはなりません。

なぜなら、具体的な内容が書けなくなるから。

 

例えば、あなたがサッカーについて記事を書くとしましょう。

内容は『ドリブル』についてです。

サッカーを始めて1年目の人に向けて書く記事と、サッカーを5年以上続けたベテランに向けて書く記事では、大きく変わるはずですね。

なぜなら、両者では経験量も、悩んでいるポイントも違うからです。

同じドリブルについての記事だとしても、1年生にとっては『基礎的な内容』が求められるのに対し、5年以上のベテランにとっては『より高度な内容』が求められるのが普通です。

もしここで相手が決まってなかったら、記事の内容はどっち付かずになるので、読んだ後の読者の満足感は低くなります。

 

万人向けの記事になってしまい、具体的な内容にならないためですね。

そうならないための対処法は次の通り。

 

<対処法>

・相手が何歳なのか
・女性なのか、男性なのか
・どんな事に興味があるのか

最低でもこの3点を考えてから書き始めると、内容が具体的になるのでパッとします。

 

②どんな価値を読者に渡したいのかが不明

読者の記憶に残りにくくなり、読む意味がないので、記事としてパッとしません。

ダラダラと趣味を書いただけの記事に、よくありがちです。

 

例えば、あなたが趣味の『ケーキの食べ歩き』について記事にしたとしましょう。

「Aというお店で、新作のチーズケーキを食べました。

見た目がとても綺麗だし、友達の○○ちゃんも大喜び。

また行きたいな~」

いやいや、ただの日記じゃないか、って話です。

もしこれが、どこの馬の骨とも分からない赤の他人がアップした記事なら、あなたは読んだ後にどんな感想を持つでしょう。

きっと「ふーん」で、終わってしまうはずです。

これをパッとした記事にするなら、せめて『価値を提供できる』ものにしましょう。

 

◆チーズケーキの見た目じゃなくて、味についてもレポートし、5段階の評価をする
◆お店の雰囲気はどんな感じで、どんなシーンで使うとおススメなのか
◆最寄りの駅はどこで、歩いて何分くらいなのか

 

このように書けば立派な『レビュー』になるので、食べ歩きに興味がある読者にとっては、その店の判断材料になるわけです。

 

<対処法>

記事を書く前に『読者にどんな価値を与えたいのか』を明確にしましょう。

特に、趣味の記事や日記を記事にする場合に、このポイントを忘れがちです。

 

 

③文章に自信のなさが出てしまっている

「○○だった気がします

「この場合は◆◆でどうにかなったはずです

 

せめて、言いきって!

心配なら、しっかりと調べてから記事にしてくれっ

 

これは記事を書く、書かない以前の“心構え”の問題です。

ブログを始めたての頃にやりがちですが、そういった保身に走った『予防線』は、あなたの記事がパッとしない原因になります。

読者を不安にさせるだけで、記事を信用しにくくなるためです。

ぜひとも、有名なブロガーの記事をたくさん読んで欲しいのですが、有名ブロガーは誰もが自信に満ちた記事を書いています。

それは、「自分が不安そうだと、読者も不安になる」ことを理解しているからです。

 

例えば、あなたが仮想通貨のブログを読んだとしましょう。

もしそのブログの著者が・・・

 

「たぶん、今年は値段が上がると思うんで、思い切って買いました。

色々調べたので、きっと大丈夫です・・・。

さあ、あなたも一緒に仮想通貨に、投資しましょう!」

 

こんな記事を書いてたら、どう思いますか。

めちゃくちゃ不安になりますよね。

そうではなく・・・

 

「今年は仮想通貨の値段があがるので、30万円を投資しました。

仮想通貨関連のニュース数が今月に入って先月より27%も多いので、ますます注目されています。

ここ数か月の値動きを見ても投資するべきなのは明らかです。

え、まだ仮想通貨持ってないの?」

 

こうやって書いてくれた方が、力強く感じるので信用しやすいですよね。

このような、読者に安心感を与えられる記事を書きましょう。

 

<対処法>

・言い切る!
・不安なら、ちゃんと調べてから記事にする

読者を不安にさせないように、せめてこの2点は抑えておきましょう。

 

まとめ:パッとした記事を書けない人にありがちな3つの特徴と、その対処法

パッとした記事が書けない原因とその対処法は、次の3つ。

 

①どんな相手に記事を書いているのか、決まっていない

<対処法>
・相手が何歳なのか
・女性なのか、男性なのか
・どんな事に興味があるのか

最低でもこの3点を考えてから書き始めると、内容が具体的になるのでパッとします。

 

②どんな価値を読者に渡したいのかが不明

<対処法>
記事を書く前に『読者にどんな価値を与えたいのか』を明確にしましょう。

特に、趣味の記事や日記を記事にする場合に、このポイントを忘れがちです。

 

③文章に自信のなさが出てしまっている
<対処法>
・言い切る!
・不安なら、ちゃんと調べてから記事にする

読者を不安にさせないように、せめてこの2点は抑えておきましょう。

 

 

このポイントを押さえておけば、初心者でもパッとした記事を書くことができます。

さあ、まずは試しに書いてみるのですッ

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© パッショネール , 2018 All Rights Reserved.