2018/08/07

「早く帰りたい!」残業が多くて転職したいあなたに起死回生のテクニックを伝授

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

 

のせいで好きなゲームが全然できない

 

上司は残業大好きで早く帰ることをよく思わないクソ野郎

 

ダラダラ残業をする空気があって帰りづらいし、好きになれない

 

この会社で将来も働き続けたいとは思わないかも……

 

 

こんな風に悩んで、我慢して残業を続けていませんか。

私も前は、毎日そう思って会社に行ってたのでよくわかります。

早く帰ってプライベートの時間をゆっくり過ごしたいって、フラフラする頭でずっと考えていました。

そんな時、人材系の会社で働く大学時代からの男友達からアドバイスを受けて、問題がスッキリ解決したことがあります。

 

それは『環境を変える』というテクニックです。

 

あなたを取り巻く環境を変化させることで、残業を減らして理想のライフスタイルを取り戻すことが可能になります。

ちなみに環境を変えるポイントは大きく分けて2つ。

 

①残業を強制している今の会社の環境を変える

②残業を強制しない環境へ、自分が移動する

 

このどちらかが達成出来たら、必ず残業についての問題は解決します。

定時に上がってゆったりした気持ちで晩御飯を食べ、大好きなゲームを心おきなく遊ぶことができるでしょう。

 

それでは『環境を変える』という事について考えていきます。

まずは、今のあなたの現状を正確に把握することから始めていきましょう。

なぜ、あなたは環境を変えたいと思うほど、今の会社に嫌気を感じているのでしょうか。

 

目次

「このまま一生、いまの会社で働くのは、絶対に嫌だ」その気持ちに気付いてしまった。

 

心のどこかで会社の事が嫌いになってしまったのです。

入社した時は現状も知らず、フレッシュな心で何とも思わなかったのかもしれません。

 

でも、人の心は時間と共に変わっていくもの。

あなたは上司や周りの雰囲気のせいで何時間も残業をさせられて、今の環境が嫌になってしまった可能性があります。

 

そして将来のことを考えた時に「あ、無理だな」って考えてしまった。

今のあなたは、自分のその気持ちを理解してしまっているはずです。

 

「俺は奴隷じゃないんだぞ」って言いたくなる。若い社員だからって仕事させ過ぎじゃない?

 

仕事が終わって一息ついてると、とりあえず仕事をもってくるのはやめて欲しい。

 

残業してる方が偉い、とかいう古い考えを上司が持ってるのか知らないけど、ちゃんと仕事したんだから定時で上がりたいってのが正直なところです。

 

とりあえず入社3年目の社員は強く拒否できないのをわかってて、仕事を持ってくるんですよね。

 

納期が近いとか、意味のある残業はわかる。けど、やる必要のない残業は本当に嫌だ

 

無駄にいろんなタスクが降ってきて、身動きが取れなくなんてことも……。

 

意味のある残業なら許せるけど、ただ残業すればいいって雰囲気をどうにかするのが上司の仕事だと思いませんか。

 

早く家に帰ってゲームしたいし、寝たい

きっちり自分の仕事を終わらせてるのに、無くならないタスク。

これ、誰かサボってる奴の仕事がしわ寄せで来てたりするのか……?

もうストレスがヤバいから、家に帰ってゲームしたいし、ぶっちゃけ寝たい!

 

ダラダラ残って残業代稼いでる奴、なんなの?

ふざけんなよ。

こっちが効率よく仕事を片付けてやってるのに、お前はなんなんだ?

休み時間になったらヘラヘラして「残業代、ありがたいわ~」みたいな雰囲気出してるんじゃないよ。

ぶん殴るぞ、ほんと。

下っ端だからそんなことできないけど……。

 

もっと早く帰れるように、上司は効率化しろよ

 

ちゃんと仕事終わらせてる社員に仕事やらせるんじゃなくて、サボってる人を働かせたり、効率が悪い所をなおして残業が減るようにしてほしい。

上司って、それが仕事じゃないんですかねえ?

 

待てよ、なんでこんなに残業させられてるんだ……?

冷静に考えると、ここまで残業する必要ってないのでは、って疑問に思いませんか。

ちょっと客観的に現状を把握して、可能なら残業を減らせないか考えてみましょう。

 

残業するのが普通でしょって雰囲気のせい

いわゆる『同調圧力』に負けてしまっているのかもしれません。

「帰ります」って言えない雰囲気にのまれて、流されているとも言えます。

雰囲気が怖いだけなら、勇気は必要ですが黙って帰ってしまうのも一つの方法です。

限界を迎えてしまう前に、逃げるという選択も必要かもしれません。

 

気づいたら仕事を大量に渡されている

あなたが入社3年以内の若い社員だったり、物事を頼みやすいような大人しい性格なら、上司にうまく利用されているのかもしれません。

ようは、あなたの優しさに付け込んでいる、という事です。

なんとか断る方法を見つけないと、いつまでも今の状況を変えれないかもしれない危険な状態です。

 

冷静に判断できないくらい、心身ともに限界な可能性も

あまりにも残業をしすぎると心身に異常をきたしてしまう事も。

私も月に100時間以上の残業を続けて『うつ病』の診断を受けてしまったことがあります。

元気だったころに比べて、あまりにも人間的な反応が薄くなってしまったら、完全に赤信号です。

私は大学時代の友人の指摘のおかげで自分の異常に気付くことができ、病院で治療を受けることができ、なんとか治りました。

 

もし、あなたが少しでも……

・昔に比べて、頭の働きが遅くなってしまった気がする
・意味もなく涙があふれてきて、感情がコントロールできない
・前まで楽しかったことに何も感じなくなった

こんな変化が起きているなら、今すぐ病院へいってください。

 

その状態はかなり危険です。

大きな病気になって、最悪の場合、過労で命の危険もあります。

 

じゃあ、ここから残業を減らす方法ってないのかな?

 

じつは残業を減らす方法は、あります。

それは次の2つ。

 

①残業が減らせるように、会社の環境を変える

 

②残業が少なくても許される環境へ、移動する

 

このどちらかでしか、あなたの残業を減らすことができないんですね。

 

会社の環境を変える方法

では具体的に会社の環境を変える方法に移っていきましょう。

私が月に残業100時間から40時間まで減った時のアクションや、残業0時間になった親友のやってみたテクニックを合わせてご紹介します。

 

スケジュール管理を徹底して、時間を守って行動

隣の同僚とダラダラ話してしまったり、疲れてボーっとしてる時間を計測したことはありますか。

計測してみると、けっこう無駄な時間を過ごしてたりします。

残業のし過ぎで疲れていたのもあるかもしれませんが、1日でじつに2時間もの無駄な時間を過ごしていましたね。

 

私は集中力が持たない方なので、60分ごとにスケジュールを立てて休憩時間をしっかりとってタスク管理をしました。

たったそれだけで、仕事が終わらないから「終電まで残業」することがほとんどなくなったんです。

疲れているときこそスケジュールをしっかり立てると効果的だったりします。

 

小さな問題やタスクはすぐに解決する

仕事上でのちょっとした連絡や、面倒だと思って後回しにしている整理・整頓などはありませんか。

そういった細かいタスクが貯まると、仕事の途中で「あ、あれもやらなきゃ」みたいに、ちょっと意識を奪われたりします。

その時間がけっこうなロスになってしまうんですね。

 

おすすめなのが、3分以内に終わるタスクが発生したら、すぐに完了させることです。

気が散ることもなくなり、ストレスも減るのでタスクはかなり効率よくこなせるようになります。

 

他の社員に仕事を手伝ってもらう

仕事が断れない人にありがちなのが「すべての仕事を抱えてしまう」という状況です。

あとプライドが高くて「自分ならできる」と思い、いざという時に周りを頼れない時に陥ったりもします。

ぜひとも客観的に見て欲しいのですが、会社での仕事は誰がやっても最終的に完了すればいいので、1人で何もかもやる必要はないんですね。

 

たとえば後輩や同期で手が空いている社員がいるなら、試しに相談してみるのもいいでしょう。

力を合わせて仕事を進める流れになって、効率よく仕事が進めれて残業が減る、ということに繋がることもあります。

 

「お先です」と言って、そそくさと退散し続ける

仕事をどれだけ効率よく終わらせても、上司や周りが帰らせてくれない時もあります。

 

そんな時は、空き時間を使ってカバンに荷物をまとめておき、帰りたい時間になったら「お先に失礼します」とそそくさ退散する、というのもひとつのテクニックです。

 

何度も使えないテクニックではありますが、どうしても休息が必要な時は緊急手段として使ってみてはどうでしょう。

意外と周りは気にしなかったりもします。

 

堂々と当たり前のように帰りだす

 

「あの人は定時に帰る人だから」というポジションを狙うテクニックです。

あなたが大人しい人で、断らないことをいいことに残業を強制している可能性があります。

そんな時は「定時に絶対あがる人」という立場がつくれると効果的です。

 

きっぱりと「本日は帰らないといけないんです」と言って帰る

もし上司や同僚に「え、帰っちゃうの」みたいなことを言われたときには、きっぱりと「帰らないといけないんです」と伝えましょう。

ポイントは相手の目を見て堂々と言う事です。

 

多くの人は相手に理由をわざわざ聞いたりしませんし、堂々としてるなら「何か大事な約束でもあるのかな」と勝手に思ってくれることがほとんどです。

 

また理由を聞かれても「プライベートな事なんで言えない」と伝えれば、基本的には深く話を聞かれることはありません。

 

何度も使えないテクニックではありますが、どうしても休息が必要な時には使って見るのもよいでしょう。

 

これでもどうしようもなら最終手段

今の会社の環境を改善して、あなたの残業を減らす方法を伝えてきました

 

もし、ここまでの内容を実践して、それでも状況が改善されないならそれは「手を尽くした」状態だと言えます。

 

会社の環境を変えることは、もうできないと思った方が良いでしょう。

 

できることは、すべてやった。もう我慢できない……。

 

あとは、あなた自身が残業が少なくても許される環境に異動することだけしか、方法は残されていません。

つまり、ここからは『転職』についてお伝えしていきます。

 

あらためて自分の状況を確認

そもそもあなたの残業時間は適切なのでしょうか。

転職を考える前に、日本での残業の平均をしっておきましょう。

 

労働基準法での残業の取り扱い

 

まずは『労働基準法』を確認してみましょう。

 

労働者に時間外・休日労働をさせる場合には、事業場の過半数の労働者で組織している労働組合(無い場合は労働者の過半数代表)と36協定を締結する必要があります。また、36協定は労働基準監督署に届け出なければなりません。36協定を締結したからと言って、無制限に残業させられるわけではありません。残業時間には「時間外労働の限度に関する基準」が定められており、この基準により例えば1か月45時間、1年360時間などの限度が示されています。

(厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/faq_kijyunhou_10.html 「一日の残業時間は労働基準法ではどれぐらいですか。」より引用)

 

この労働基準法によると『36協定』を締結したうえで、「時間外労働の限度に関する基準」以内の残業時間であれば残業することが許可されているようですね。

 

では次に36協定を確認しましょう。

 

『36協定』について

36協定での残業の扱いは次のようになります。

 

第三十六条 使用者は、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合においてはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がない場合においては労働者の過半数を代表する者との書面による協定をし、これを行政官庁に届け出た場合においては、第三十二条から第三十二条の五まで若しくは第四十条の労働時間(以下この条において「労働時間」という。)又は前条の休日(以下この項において「休日」という。)に関する規定にかかわらず、その協定で定めるところによつて労働時間を延長し、又は休日に労働させることができる。
ただし、坑内労働その他厚生労働省令で定める健康上特に有害な業務の労働時間の延長は、一日について二時間を超えてはならない。

(Wikipedia https://goo.gl/RxvmYx 「時間外労働」より引用)

 

『36協定』締結後の「時間外労働の限度に関する基準」について

 

日を超える時間 通常 1年あたりの変形労働時間制

(三か月を超える期間)

1週間 15 14
2週間 27 25
4週間 43 40
1か月 45 42
2か月 81 75
3か月 120 110
1年 360 320

(Wikipedia https://goo.gl/RxvmYx 「時間外労働」より引用)

 

「時間外労働の限度に関する基準」は上記の表のとおりとなります。

一部の例外は存在しますが、基本的にはこの時間内に残業時間を押さえる必要があります。

どうでしょう、あなたの残業時間はこの数字以上だったりしませんか。

 

平均的なエンジニアの残業時間を確認

 

エンジニアといっても、機械系の「ものつくりエンジニア」と、プログラミングなどに携わる「ITエンジニア」の2パターンが存在します。

それぞれの平均残業時間はこちらになります。

 

(ITエンジニア)

・まったく残業はしない:6.4%
・20時間未満:28.9%
・20~40時間未満:34.5%
・40~60時間未満:15.7%
・60~80時間未満:6.0%
・80時間以上:8.5%

 

(モノづくりエンジニア)

・まったく残業はしない:4.9%
・20時間未満:25.4%
・20~40時間未満:36.6%
・40~60時間未満:16.0%
・60~80時間未満:9.8%
・80時間以上:7.3%

(引用元 https://itpropartners.com/blog/8215/)

 

これは、転職で有名な「DODA」が日本のエンジニア440人に聞いたアンケート結果です。

 

業種別の残業時間を確認

次に一般的な業種別の残業時間について見ていきましょう。

 

社内システムエンジニア:10位(13.9時間)
ヘルプデスク:19位(16.3時間)
サーバーエンジニア:36位(21.6時間)
テクニカルサポート:38位(21.8時間)
セキュリティエンジニア:40位(22.5時間)
研究開発:42位(22.7時間)
ネットワークエンジニア:44位(23.0時間)
システムエンジニア/プログラマ:59位(27.0時間)
プロジェクトマネージャー:68位(29.6時間)
ITコンサルタント:69位(29.7時間)

 

 

エンジニアでも「残業30時間以内」なら、普通なんだけど

社員の健康を考える企業なら、業務の効率化をして残業時間を減らし、休息をとってもらうアクションを取るのが普通です。

 

「残業するのが偉い」などという、古臭くて無意味な雰囲気が漂っているのは、その企業がどこかおかしい状態だったり……。

 

エンジニアの『普通』はどんな状態のことを指すのか、考え直してみる必要があるのかもしれません。

 

入社3年目のエンジニア、思い切って転職し、理想のライフスタイルを取り戻した

 

私の大学時代からの友人でITエンジニアをしていたR(仮名)が転職をして理想のライフスタイルを手に入れました。

 

彼は仕事をそつなくこなす、物静かなタイプの男性。

話を聞いてみると上司に残業を強要されていたようです。

 

私のすすめもあり、彼は入社3年目にして転職を行いました。

すると、エンジニアの人手が不足していた大手企業からすぐさまオファーが来たんです。

さっそく面接を受けに行ってみると、予想外に良い条件が提示されました。

 

残業をしなくても、残業をしていた時と同じくらいの年収が提示され

 

さらに残業時間は月に最大20時間という好条件。

 

福利厚生もよく、住宅手当に交通費まで出るということで、すぐさま転職をおこないました。

 

定時に上がって友人とゲームして遊べるようになった

Rは大学時代の友人たちとオンライン通話しながら平日もゲームでリフレッシュできるようになりました。

完全週休2日制で土日出勤もなく、ゲームのオフ会にも気兼ねなく参加できるようになり、とても楽しそうに過ごしています。

 

睡眠がしっかりとれて、体調が戻った

寝不足のあまり、顔がニキビだらけで、目の下のクマも酷かったR。

 

転職が終わって2か月過ぎるころには、ニキビはほとんどなくなり顔色も良くなっていました。

 

酷かった腰痛もマシになったようで「しっかり寝るのって大事だわ」がしばらく口癖になってるほどでした。

 

会社が社員を大事にしてくれる

Rが何より喜んでいたのが、仕事の調子や体調を気にしながら指示を出してくれる優しい上司に出会えたことです。

 

さらに会社も社員のライフスタイルを大切にする社風で、他の社員も変なプレッシャーもなく定時であがることができるそう。

 

会社が社員を大切にしてくれていることを感じ、仕事にもやる気が出てきたと言っていました。

 

残業してないのに年収が変わらない

Rが一番驚いていたのが、残業時間が減ったのに年収がほとんど変わらない事です。

転職をする事で『基本給』がアップし、普通に出世する以上に給料が上がったのです。

 

いまの会社の環境を変えて残業を減らすか、いい会社の環境に移って残業を減らすか、どっちが楽なのか考えてみよう。

いよいよ、あなたの今の環境を見つめなおす時がやってきました。

残業が多すぎて、やりたいことが何もできない現状を変えるには……

 

・いまの会社の環境を変えて、残業を減らす
・いい会社の環境に移って、残業を減らす

 

このどちらかしかありません。

一体、これからどうすればいいのでしょうか。

これからについて見つめなおしてみる必要がありそうです。

 

もう一度、自分の心に聞いてみよう

 

さきに本当のところを言うと、転職は時間も体力も使います。

勢いだけで転職を始めると、やる気が持たない可能性もあるんです。

もしかすると今の会社で、残業時間を改善を目指すのも一つの選択肢なのかもしれません。

 

こういうと「なんで決心が鈍ることを言うんだ!」って思うでしょう。

 

しかし、気持ちがどっちつかずだと途中で転職に疲れてしまうかもしれないんです。

さらにいまの会社の環境を改善するためのエネルギーそのものがなくなってしまう可能性も。

 

そうなると、せっかく「残業をなんとかしたい」っていう今の気持ちを忘れてしまうかもしれません。

だからこそ、自分の気持ちと向き合う必要があるのではないでしょうか。

 

あなたは、どうしたいのか。

 

今の会社の環境を改善する勇気が本当にあるのか。

 

恐ろしい上司や、「残業しろよ」っていう周りの雰囲気にビビることなく

「ぜったいに残業時間を減らして見せる」という

決意があるのか。

 

それとも、思い切って新しい環境に未来を託してみるのでしょうか。

 

私の友人Rが転職で上手くいったように……

・残業時間は最大でも月に20時間以内
・基本給がアップして残業していた時と同じくらいの給料をもらえる
・理解のある上司の素で、心穏やかに仕事をする

このような理想に出会うチャンスをつかむために、一歩を踏み出してみるのか。

 

今一度、あなたの心に問いかけてみてください。

 

残業ゼロ、完全週休2日の会社の求人を見てみる

もし転職で自分の理想に合った企業に出会いたい、と考えたならまずはどんな求人が存在しているのか見てみましょう。

残業ゼロ、完全週休2日の企業だって山ほどあることに気付くと思います。

 

その中で、給料や福利構成を見ながら

 

「理想のライフスタイルを送れる企業はどこかな」

 

探してみてください。

 

 

探すだけなら、ぶっちゃけタダなんで。

 

理想の条件を探すことのリスクはゼロです。

 

ホントに心がおどるような「ここで働きたい」って思うくらいのいい求人が見つかれば幸いです。

 

もし企業名が決まらなくても、「こんな条件だったら喜んで働くのになあ……」というものが分かれば大丈夫!

 

あなたがすべてやる必要はありません。

手伝ってくれる、無料のサービスが存在するからです。

 

あなたは十分に頑張った。あとはプロの転職屋(エージェント)に任せて、ホワイト企業の求人を待機するだけ。

 

 

「よし、転職しよう!」

 

もしあなたの気持ちが固まったなら、あとはプロの転職屋である『エージェント』に任せてください。

彼らは転職先を見つける、プロフェッショナル。

あなたの希望に合った企業をあっという間に見つけて、メールや電話で教えてくれます。

 

あとはコーヒーを飲みながら、エージェントが見つけた求人の中から「これだ!」と思う会社を選んで、応募ボタンを押すだけ。

 

百戦錬磨である転職のプロに任せていれば、あとは勝手に転職に必要な事をすすめてくれます

 

書類の書き方や面接の仕方だってお手の物。

仕事が終わってから転職の仕方を調べる、なんて面倒な事はしなくて大丈夫です。

 

転職のプロが手鶏足取り教えてくれるので、安心して転職に挑んでくださいね。

 

きっと、残業が少なくても給料がしっかりもらえて、プライベートの時間でたっぷりと遊べる素敵な企業が見つかるはずです。

 

まずは一歩、踏み出してみましょう。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

関連記事はありませんでした

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パッショネール , 2018 All Rights Reserved.