「仕事できない、会社やめたい」←はやく休め、うつ病の赤信号だ!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

 

んにちは、元・うつ病ブロガーのユタカです。

 

「最近、なんだか仕事ができない。辛いから会社辞めたい」

もしこう思ってるなら、あなたは『うつ病』かもしれない。

その状態、かなりまずいです。

なぜなら仕事のストレスでうつ病になった私と、まったく同じ初期症状だから。

 

「半年前の自分は、もっとしっかりしてたはず・・・」

「体がだるいし、頭が痛い」

「しっかり寝たはずなのに、頭の回転が悪すぎて、なんだか変」

「もしかしてボケとかアルツハイマー病なのかな」

 

もしこんな自覚症状があったら、今すぐに会社を休んでください。

私はこの状態で2か月間働き続けたら、見事にうつ病になりました。

 

うつ病になったら、人生で大きなロスになる

私の場合は治るのに、ほぼ1年かかりました。

そのあいだ本当に何もできません。

首がちょん切られたように、体のいう事が聞かなくなります。

 

もちろん、独立のためにやってたブログの更新も、副業のためのマーケティングの勉強もなにもできません。

あの時間はとてももったいなかったなあ、と後悔しています。

 

体の状態をしっかりと把握して、回復することを優先してください。

では、どうして「仕事できない」状態になってるのか、解説していきます。

 

「仕事できない」←体になにが起こってるの?

原因はひとつではありません。

いくつかの原因が、あなたに影響を与えています。

実際に私が「仕事できない、会社やめたい」と思っていた時の状況と、一般的なうつ病の原因を合わせて、7個の可能性をお伝えします。

 

①自分の限界を超えた量の仕事を抱え込んでいる

絶対に終わらない量の仕事がありませんか。

「なんとなく終わらない気がする」と少しでも思うなら、自分で判断できる量を超えています。

本当に終わる量なら「あと○○時間くらいで終わるな」と、正確な時間が分かるはずです。

 

もしあと何時間で終わるか判断がつかないなら、それはあなたの限界を超えています

 

②自分の理想と現実が違い過ぎて、現実逃避している

自分の実力を認めることができずに「まだまだ自分はできるはず」と現実逃避していませんか。

理想へ本当に到達するためにも、いちど現実をしっかりと見る必要があります。

でないと、いつまでたっても今の現状を解決できずに、辛いだけです。

 

本当は自分も分かってるはず。

逃げているだけだと認めるのは難しいですが、それをいつまで続ける気でしょうか。

このまま一生、それを認めないと、辛いのはあなた自身じゃないですか。

 

辛さを消すためにも、冷静に現状を見つめましょう。

 

③仕事が断れないから、仕事が減らない

先輩や上司から頼られるのは、とても嬉しい事です。

 

でも、あなたの仕事が減らない原因は、彼らです。

 

彼らの仕事を次から次に引き受けてないでしょうか。

それは、彼らのためにもならないから、今すぐにやめてください。

 

優しさと、甘やかすことは、別です。

 

あなたがキッパリと断らないことによって、上司や先輩たちの『仕事量を見極める力』がまったく成長しません。

無理なものは無理、と言わないと正確なスケジュールが作れずに、どこかで破綻するかもしれません。

 

④ずっと緊張した状態で心が疲れ切っている

夢の中まで仕事が出てきたりしませんか。

夜中の3時とかに仕事の夢を見て、わけの分からないまま目が覚めているなら、完全にアウトです。

頭が勝手に仕事のことを考えてしまい、本当は休まないといけない時間も、まったく休めていない状態なんですね。

 

身内に不幸があったとか、両親の体調が悪くて病院に行くとか、何か理由を付けてはやく休みましょう。

その状態で無理を続けると、本当に体を壊すかもしれません。

 

はやく、休んでください。

 

⑤周りに頼るという選択肢が考えられない

はじめてやる仕事の場合、分からないところは人に聞いたり、得意な人にまかせてもOKなんです。

相手の時間を取ったら可哀そうという理由で、すべて自分で解決していたら、時間がかかって大変ではないでしょうか。

 

物事には『適材適所』というものがあります。

全てをこなす必要はありません。

あなたにとって苦手な事が、誰かにとっては得意なはず。

代わりにあなたも、誰かが苦手で困っているときは助けてあげればいいんです。

 

苦手なことは、それができる人を頼ってください。

 

⑥感情のコントロールができなくなっている

悔しい、悲しい、辛い、逃げたい、イラだち、呆然、何も考えられない・・・。

頭の中がグチャグチャになって、自分の気持ちも分からなくなってませんか。

体と頭、そして心が疲れ切ってしまうと、自分自身の気持ちすら迷子になってしまいます。

 

もうここまで来たら、ハッキリ言って重症です

今すぐに休まなければいけません。

それ以上は、危険です。

 

一日でもいいから休みを取って、家族や恋人、親友、誰でもいいから安心できる人に会って、

心の中を打ち明けてください。

ちょっとでも、感情を出してみてください。

 

いまのあなたは、感情の出し方も忘れてしまっている、とても危うい状況です。

 

悪化したら、取り返しがつかなくなります。

うつ病になるか、先に体が壊れてしまうか、暴力に支配されて身近な人を傷つけてしまうか・・・。

あなただけではなく、周りも不幸になってしまうかもしれません。

 

⑦本当の自分を見失ってしまった

仕事や副業、独立するための勉強に必死になりすぎて、自分を見失っていませんか。

 

何のために頑張っているのか

自分がどうなりたいのか

 

それすらも忘れてしまうくらい、頑張りすぎていませんか。

 

私もそうだったのですが、やりたい事とやらなければいけない事をつめこみ過ぎて、

どれから手を付けていいのかわからない、という状態になることもあります。

 

そんな場合は一度、すべて捨ててみてください。

10日間くらい、完全に離れてみましょう。

そうすると、意外となにも問題は起きないし、冷静に考えることができるようになるはずです。

そして改めて『自分にとって本当に必要なものは何か』を考えればいいんです。

 

これは“エッセンシャル思考”と呼ばれる考え方で、私の辛い状況を助けてくれた、とても効果のある思考法です。

amazonでも「エッセンシャル思考」と検索すれば、その思考法を教えてくれる書物があるので、読んでみることを強くおすすめします。

 

最後に

「最近、なんだか仕事ができない。辛いから会社辞めたい」

もしこう思ってるなら、それは『うつ病』になる赤信号かもしれません。

 

今すぐに休みを取って欲しい。

なぜなら私は、その状態を放置した2か月後、うつ病になってしまったからです。

 

うつ病の完治には、ほぼ1年かかりました。

その時間は、私の人生において大きなロスだったと思っています。

もし、あなたも同じ症状で苦しんでいるなら、私のようにはなって欲しくありません。

なので今すぐに休んで、うつ病になる前に回復してほしい。

 

今とても辛くてこの記事を読んでくれているのなら、どうかあなたには助かって欲しいと思い、この記事を書いています。

 

今まで、よく頑張った。

本当に、よく頑張った。

だから、もう、休んでもいいんだよ・・・。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

  関連記事 - Related Posts -

関連記事はありませんでした

 

  最新記事 - New Posts -

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© パッショネール , 2018 All Rights Reserved.